仮面ライダーシノビ「FIRST 忍POW! ハッタリの恋はイッポウ通行の巻」

 
ニンジャライダー・スタート!
いや、今作、シリーズでも最高レベルに世界観おかしくないか!? 忍法で生み出される自然エネルギーを活用するため、国が国民に忍者活動を強いるとか、忍者モノとしてもかなり異常な設定じゃないかと思う。
そんな設定から出てくる世界の光景は、割とのんびりしてそうなソレで和んじゃったけど。モブの一般忍者の図とか、思いの外に安く済んでそうだったりして。
忍術大会のアスレチック感や、偽のスターニンジャーみたいな出場者には笑ってしまった。
そんな忍者世界から見せられる、シノビとハッタリのバトルはなんだかんだでカッコ良かったですね。変身からしてイイ感じ。2号ライダー・ハッタリ、変身者のイッチーが、普段は普通に主人公の友人キャラっぽいのも、ちょっと意外性あって良かったと思う。
そう言えば、ハッタリが召喚した素の忍者達、アレ、みなさんイッチーの分身だったりするんだろうか?
 

"仮面ライダーシノビ「FIRST 忍POW! ハッタリの恋はイッポウ通行の巻」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント