彼方のアストラ「CULPRIT」

  最初に怪しかったヤツがそのまんま犯人! しかし、第三次世界大戦が起きて、人類、復興出来るのだろうか。ほぼ子供だけで、話し合うしか出来ない中で、衝撃の真実が明かされてくの図はおもしろかった。もしもこれが全部ハズレだったら恥ずかしいな。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dr.STONE「CLEAR WORLD」

  メガネが出来た。やったー。 結局、スイカは仮面っ娘のまんまじゃねーかとか思わなくもないですが。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dr.STONE「薄っぺらの同盟」

  この僅かな人間しかいない世界でマグマみたいなヤツが平気で存在するの怖すぎるんですけど。て言うか、アレが普通に村の仲間してる現状がスゴくない!?  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の若草物語「メグの小さな恋のはじまり?」

  ナチュラルにストーカーしてるローリー、ナンなの。 そんなこんな、ベスの内気さは相変わらずかわいらしかったし、そんな彼女を気遣う周囲の優しさが素晴らしかった今回だよ。爺の優しさにも、裏は無かったと思って良いのかな?疑って申し訳無い。 しかし、サブタイになった割には、メグの出番は少なかったですね。て言うか、あれ、メグって地元に恋人的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の若草物語「ベス! 思いがけない贈物に大喜び!!」

  雪だるまがちゃんと三段式だ。アメリカ! そんなこんな、ローリー、彼もまた、悲しみを背負う一人の修羅だったと言うワケか。険悪とまでは行かなくとも、確かに対立のある家族関係、しんどいな。 爺からベスへの贈物は、素直に爺の優しさかと思ったけど、やっぱり裏にローリーとピアノを引き離したい的な思惑があるんだろうか……。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランダースの犬「おじいさんの口笛」

  うわー、おじいさんが倒れて終わった! ここでアンタが倒れたら最悪じゃねーか……。 思いやりが最終的にダメな結果を残すのしんどいな。 アンドレがネロの絵を褒めてくれるのは良かったね。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS「ウラシキ、復活!」

  友達+友達の母ちゃんとの共闘、みんな忍者なんだし別に何もおかしくないんだが、なんか笑えてしまう。 て言うか、この組み合わせが珍しすぎて、戦っている相手がどの程度の実力だったのかとか、イマイチわかりにくい感あった。適度な強敵だったって感じ。 後は、現在の守鶴の、ソレっぽいながらも過去を思うとなんだお前ってなる感じのキャラにも、やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BEM「CHIMERA」

  はぁー!? デイブ、無事なのかよ!? ダークな展開やればいいってワケじゃないけど、正直ありきたりな話なんだから、ホッとするよりショックを受けたまま終わりたかったよ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BEM「GRAVITY」

  幼女ちゃんかわいかった。 後、団長が普通にいい人だったっぽかったのも良かったですね。いい人だったんだよね?  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロミオの青い空「酒場での一夜」

  脱走失敗! 泳げないと告白するアルフレドの絶望顔が良かった。 しかし、大量の奴隷少年を乗せた小舟が嵐の中で波に飲まれるって光景、無駄に生々しさがあるな。 て言うか、金を貰って助かったのは確かだからと状況を受け入れてたロミオは、あのまま脱走に成功していたら、その後はどうするつもりだったのだろうか。 後は、弟が売られた先で餓えて凍え死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランダースの犬「心をつなぐ二つの旗」

  絵を描くより爺さんを労れ。コゼツの旦那からネロへの言葉にしては、何時に無く正論だ。 ネロの日々の仕事の大変さを、その身で体験して知るアロアの様も良かったね。ネロに投げられる怠け者と言う言葉の凶悪さ、あの様子だと、今まではそんなにピンと来ても無かったんだろうなあ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリーヌ物語「春の訪れ」

  うおお、マルセル! パリカール!! この再会は嬉しすぎる……。 とりあえずの短い再会の中、マルセルが唯一ペリーヌに質問したのが、「今、幸せに暮らしているかい?」なのも最高に良かった。当然、ペリーヌは答える。亡き父や母にも叫ぶ。私は幸せだと。 そして、個人的にはタルエルさんがしっかりと報われてるのも嬉しかったですね。 いや、いい最終回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリーヌ物語「初雪の降った日」

  タルエル氏のフットワークの軽さ、好きだわ。 まあ、ここぞと言う今回は不発だったワケだが。 そんなこんな、ロザリーやファブリさん、お世話になった人達にたっぷり感謝する描写があって嬉しかった今回。て言うか、ペリーヌの正体を知った人達のほとんどが、その真実を自然と受け入れ、素直にお祝いしてくれてるのが何より嬉しいよ。人徳だなあ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more