ゲゲゲの鬼太郎(六期)「豆腐小僧のカビパンデミック」

 
「お主、妖怪だろうと抜け駆け行為は禁止であるぞ」
普通に豆腐小僧を妖怪と見抜いて、自然とアイドルとの接し方について注意しているドルオタ、ナンなの。
いや、妖怪カビに犯されながらも、推しアイドルを励ましている姿は見事だった。オタク、強キャラだ。

ほとんどその場の思いつきでマネージャーをやるぜって言い出した豆腐小僧が、普通に事務所を通してマネージャーやってるっぽいのもスゴかったね。
後は、総てを解決する天井なめの絵面が強すぎる。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック