ゲゲゲの鬼太郎(六期)「魅惑の旋律 吸血鬼エリート」

 
おお、吸血鬼エリートだ!
今シリーズでも流石の強さで良かったね。
いや、しかし、それでも1000年にも渡って世界を影から操ってたってのは、ちょっと吹かし過ぎでは無かろーかって思っちゃったけど。
その絶対的な強さを見せた後の、自らの賎しい生まれを語る様は、なかなかに雰囲気があって良かったぞ。その悲しい過去からの、強さへの説得力が、また。
敗北のキッカケにも繋がった、彼とねずみ男の間にある感情も、色々と思わされてしまう感じ。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック