テーマ:ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「水虎が映す心の闇」

  日曜の朝から地獄! 地獄少女やってんじゃねーんだぞ!! 普通にがんばれ水虎ってなるわ。 いや、まあ、幸薄そうな奥さんの様は、なんかエッチで良かったけど。地獄少女だったら、普通にエロ酷い目にあるターンとかもあったんだろうな。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「恋の七夕妖怪花」

  やったー。ぬりかべの主役回だ。 ありがちながら、彼のらしさが見える話で良かった。 て言うか、ぬりかべの主役回、もしかしたら六期ではこれが初めてか? 今回を切っ掛けに……とか言ったら遅すぎだろって言われそうだが、これからはどんどん前に出てくる感じでお願いしたいですね、ぬりかべ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「地獄の四将 黒坊主の罠」

  饅頭を食われたやら焼豚を食われたやらでねずみ男と絶交しちゃう鬼太郎、かわいいトコあるじゃねーか。いや、でも、ねずみ男を相手にそんなコトで絶交とかしてたら、年に数回ではすまないと思うのだが。 そして、今回の敵の黒坊主、あの絵が本体と言うコトは、その正体は美人のお姉さんってコトか??? 水の汚染事件で解決能力を持った企業に政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「豆腐小僧のカビパンデミック」

  「お主、妖怪だろうと抜け駆け行為は禁止であるぞ」 普通に豆腐小僧を妖怪と見抜いて、自然とアイドルとの接し方について注意しているドルオタ、ナンなの。 いや、妖怪カビに犯されながらも、推しアイドルを励ましている姿は見事だった。オタク、強キャラだ。 ほとんどその場の思いつきでマネージャーをやるぜって言い出した豆腐小僧が、普通に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「漆黒の冷気 妖怪ぶるぶる」

  裕太くんのがんばる姿が良かった今回。後は、今後の話で成長した姿を再び見せてくれたら完璧だな。 て言うか、ヘコんでる裕太くんを気にも止めず、何時もの調子な鬼太郎達には、ちょっとどうかと思った。猫娘かオヤジさん辺りにフォローして欲しかったよ。 ねずみ男の悪事が、あまりにも話の都合って感じだったのも気になったなあ。ぶるぶると組んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「半魚人のかまぼこ奇談」

  半魚人の妖術でイカにされた鬼太郎が、蒲鉾の材料の魚捕りにこきつかわれたり、蒲鉾にされたりな話。 いや、普通に鮮血の貴公子より鬼太郎を追い詰めてんじゃねーか、半魚人さん。て言うか、半魚人は普通に日本の妖怪なのか? 日本にも半魚人っているの? しかし、人間に成り下がって自死を考えるまでに追い詰められてる半魚人の姿は、普通に可哀想だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」

  前回に引き続きの吸血鬼事件~。 なのはいいんだけど、前回にあれだけ味のある見せ方をしたエリートを、こうサクッと新たな敵の比較物にされるのは、ナンと言うか、うーんってなるね。 て言うか、エリートよりヤバいって言われて登場した割に、ほとんど一方的に鬼太郎から攻められ追い詰められてんじゃねーか、鮮血の貴公子さん。倒したはずの鬼太郎か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「魅惑の旋律 吸血鬼エリート」

  おお、吸血鬼エリートだ! 今シリーズでも流石の強さで良かったね。 いや、しかし、それでも1000年にも渡って世界を影から操ってたってのは、ちょっと吹かし過ぎでは無かろーかって思っちゃったけど。 その絶対的な強さを見せた後の、自らの賎しい生まれを語る様は、なかなかに雰囲気があって良かったぞ。その悲しい過去からの、強さへの説得力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「狒々のハラスメント地獄」

  美少女にテニスウェア、基本的にエッチだ。 狒々の指導は別にエッチじゃなかったけど。 て言うか、狒々がパートナーを見つけてコーチに就任するまでの流れ、めっちゃ話が早くて笑ってしまう。そこからパワハラで解任されるまでの流れも、こまいギャグが次から次へと流れて来る感じが最高だった。 いや、現代的な感覚に対応出来ない狒々の様は、流石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「泥田坊と命と大地」

  眼帯オヤジと息子が無事に生き残れて良かった。 しかし、自然の中で対立する人間と妖怪って図で、人の側がハッキリ弱者として描かれてるの、割と新鮮だったと思う。もう自然開発を単純に悪者にするような時代では無いのだ。そこまで人間に余裕は無い。 しかし、泥田坊なあ。アイツ、別に元からいた土地の神とかじゃなくて、人間の変化なんだよなあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「自己愛暴発! ぬけ首危機一髪」

  いつもの迷惑ユーチューバー、就活に苦労してる姿を見せるコトで、一気に親近感が持てるキャラへと変化していてスゴいと思った。だからその後の暴走も理解出来るってワケじゃないけど、単に愚かな人間だとも思えなくなってしまった、みたいな感じで、うん。 死んだ目で働くサラリーマンを見てゾッとするトコとか、ありがちながら雰囲気あって良かったよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「地獄からの使者 鵺」

  鵺、大逆の四将と言われる極悪妖怪なのか……。 そんなこんなで新シリーズがスタート。 とりあえず、ゲストの少年がいい子で良かった。 しかし、謎のイケメン霊能力者の活躍には笑ってしまう。少年マンガ的にはよくあるキャラでよくある展開だと思うんだが、鬼太郎でいきなりやられるとな。 そして、ねこ娘、どっちにしろあざとい存在かよ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「名無しと真名」

  あー、ねこ娘、そうなるのか。 今期の彼女のデザイン、もしや最初からこうなる予定があってのソレだったのだろうか。 しかし、人間と妖怪が結ばれるのは許されないからって、人間と妖怪のカップルを人間と妖怪が力を合わせて追い詰めてるの図には笑った。結ばれるのは許さないとして、種族的に仲が悪いワケでは無いのか。結ばれてはいけない理由も、ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「絶望と漆黒の虚無」

  うーん、ひたすらに安っぽい悲劇が続くなあ。 手に武器を構えて妖怪を迎え撃とうとするその辺の人達、何者やねん。 オヤジさんの言葉を聞いて人間への攻撃を待ってくれる畑怨霊は良かったが。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「赤子さらいの姑獲鳥」

  うおー、これは確かに衝撃の展開。 途中までの流れは、おもしろそうだけど有りがち過ぎると言うか、言葉選びもダサいなって感じだったが。 いや、しかし、どうするんだろう、コレ。 て言うか、サブタイにドンと出しておいて、姑獲鳥の扱いがコレなのは、普通に残念だな。自分の悪事を妖怪の仕業にしたあの女には、罰が必要だろうよ……。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「真相は万年竹の藪の中」

  奥さんのヴィジュアル、妖怪に半歩踏み込んでるでしょって思ってたら、途中で強制妖怪化されて笑った。 しかし、雅彦さん、なんであそこで開き直って全てを白状してしまったんだろう。アホか。 て言うか、万年竹、樹齢一万年を越えた竹の妖怪って、竹が妖怪化するためのハードル、高過ぎない!?  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「なりすましのっぺらぼう」

  のっぺらぼう、かわいくて良かった~。 しかし、チャラ男系のアイドルがオタバレして人気が落ちるって図は、リアリティ無さ過ぎだと思う。 まあ、最後はそっちの方向で売り出されてたけど。 て言うか、そもそも、彼、アイドル顔じゃないよな。 後は、のっぺらぼうの代役をする鬼太郎がやる気無さすぎなのもイヤだった。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「終極の譚歌 さら小僧」

  売れない芸人・ビンボーイサム、普通に妻子ある身なのに驚いた。まあ、過去に一発当ててる身だしね。 で、家族愛落ちと見せかけての、あの落ちか~。 家族を養うためには売れなきゃならない→真に家族を思うなら安定した仕事に就いてるはず、ってやりとりは良かったですね。そうなんだよなあ(知った顔  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「雪女純白恋愛白書」

  うーん、雪女ちゃんはかわいかったけど、相手役の男は、どうにも苦笑いになってしまう感じだったなあ。 後は、徹夜で恋愛ゲームをプレイしてフラフラになってる鬼太郎に笑ったとかそんな。ゲームのキャラがモロに五期猫娘だったのには、ナンとも言えぬ気分に。 いや、恋愛ゲームでの経験を、バトルで見事に活かす姿は流石だったよ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「新春食人奇譚 火車」

  めっちゃ気軽に八つ裂きにされてる一反もめんに笑ってしまった今回。そう言や、後半アイツどうした? いや、死体を食らう妖怪に死体処理の仕事をさせるって、またエグい現代風刺の話になるのかと思ったら、後半は毎度お馴染みおもしろ入れ替わり話なの、どうなんだよ。まあ、最後はまたダークな感じに終わってたけど、入れ替わり能力を上手く使った落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「決戦!! バックベアード」

  バックベアード格闘モードが良かった。 え、あんなのって前からあったっけ??? しかし、妖怪になるのやだ~みたく妖怪の前で言っちゃう人の子は、どうなんだろうか。 ……て言うか、西洋妖怪編、これで終わり!? バックベアード、流石に死んではないと思うが。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「日本全妖怪化計画」

  いきなりクライマックス感ある始まりな今回。 いや、良く言えば王道感ある展開だったけど、個人的にはあんまり良く見えなくて、ありきたりなお涙ちょうだい展開だなって思ってしまった、姉妹の話。 うーん、バックベアード様も言動やら小者っぽく見えちゃって、残念に思う。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「帝王バックベアード」

  バックベアード、ついに動く! いきなり、主な仲間が全員拉致されて、洗脳されてって、流石の大物悪役って感じ。 そんな危機的状況が、ねずみ男の決死の行動によって引っくり返されるの図は、正に爽快だった。裏切ったかに見えたねずみ男の行動が、その実は日本妖怪のコトを思ってのソレだったのも良かったですね。こうなったら、彼とアニエスの間に信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more