小公女セーラ「インドからの手紙」

 
「俺は今、心の中でお前を殴った」
セーラの「つもり遊び」をバカにしながら、心の中でラビニアを殴ったつもりで我慢するセーラに、勝ったつもりの顔で去ってくラビニアの図が良かった今回。

しかし、小さなロッティに顔色1つ変えず平気で暴力を振るうラビニアは、真面目に酷くてちょっと驚く。年少組から普通に嫌われてる様子なのには笑うけど、取り巻き組から陰口叩かれてるのは可哀想だったな。
「あなた達、私よりセーラの方が好きになったのね」
うーん、いいセリフだ。
お前が優遇されるのは親が金持ちだからだと言いに来たら、さらにセーラの金持ちさを増す知らせが届くのもスゴかったな。ラビニア、もう休め。

後は、ナチュラルにベッキーへと暴力を振るうコックの図も酷かった。小公女セーラは暴力描写がアツい!
 

"小公女セーラ「インドからの手紙」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント