ゲゲゲの鬼太郎(六期)「アイドル伝説さざえ鬼」

  いや、前回の話との温度差スゴ過ぎない??? サザエを回転寿司で人気のネタにするために鬼太郎の姿を借りてアイドルデビューする妖怪って、そもそもからしてかなりおかしい話だけど、このタイミングもあって、余計に強力な話になってしまった感あるな。 人魚達の珍妙な様や、鬼太郎寿司にも笑っちゃった。 子泣きの無言具合はどういうコトなんだろう???…
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「手の目の呪い」

  妖怪を法律でどう縛るってんだろう。 ……とか思ったけど、そうか、妖怪に対抗する力に予算を持ってくるための法律なのか。酷い話にも思えるけど、正直、この世界の日本って何度も妖怪にワヤにされてるからなあ……。 しかし、鬼太郎の手を使って人間を殺させようとする作戦は酷くて良かったな。未然に防げて良かったよ。女弁護士さんも、ただ恐怖に負けるだ…
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「一反もめんの恋」

  「一反もめんは水に濡れると再生できるんじゃ」 そうなの!? そんなこんなで恋する一反もめんな今回。 お約束過ぎる落ちには笑ったけど、なんか一呼吸置いたら普通に彼が不憫で悲しくなってしまったりも。 後は、女の子二人にはポーズでも燈籠を倒したコトを古籠火に謝って欲しかった的な。彼も悪いヤツ、話のわからんヤツでは無かったみたいですし。  
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「貧乏神と座敷童子」

  巨大ライターを持ったヤクザ、ナンなの!? ……とか思ってたら、最後は見事に小道具として活躍しやがって笑ってしまった、巨大ライター。 そんなこんなで、座敷童子と貧乏神の話か。 何が本当の幸せなのか、ありがちながらいい話だったと思う。貧乏神がハッキリと神らしい振る舞いをしていたのも良かったですね。 しかし、前々からちょくちょく出ていた…
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「鮮血のクリスマス」

  怖いサンタクロース! いや、普段は調子に乗ったせいで酷い目にあうキャラが、調子に乗ってないのに酷い目にあっちゃうの図、急にルールが無くなっちゃった感あって怖いな。 やられるまでに、追いかけられて追い詰められて~って流れをしっかり見せてくるのも良かった。ドキドキしながら画面に向かっちゃったモン。  
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「巨人ダイダラボッチ」

  七人同行って七人岬とは別モンか??? そんなこんなでダイダラボッチ回。巨人がパーツごとに復活していく流れにはワクワクしてしまいますね。 しかし、ダイダラボッチに憧れ、追い求め、心の支えにしていたオッサンが、そのダイダラボッチにトドメを刺さなきゃならなくなる展開は悲しかった。 後は、朱の盆、強いな!? って。  
コメント:0

続きを読むread more

ゲゲゲの鬼太郎(六期)「外国人労働者チンさん」

  外国人労働者の扱いが酷すぎてショック~。 いや、こう言うブラック労働が存在するってコトまでは理解出来るんだけど、実際、そう言う職場で日本人と外国人が一緒に同じ仕事をしてて、外国人だけがここまで酷い扱いを受けてるコトってあるモノなの!? てっきり、こう言う厳しい職場では、日本人も平等に酷使されてるモノと思っていたんだけど、マジでこれが…
コメント:0

続きを読むread more