家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ「一通の手紙」

 
サンテレビにて。
前番組のペリーヌと比べて、絵も音も荒くない?
当時のまんまのソレなのだろうか。

そんなこんな、お父さんにオーストラリアへの転勤の話が来て~って始まり。いかにも主人公~って感じでワクワクしているフローネに対して、どうにも普通の少年って感じに動揺しているお兄ちゃんの図が良かった。いや、外国へ引っ越しって、そうなるよなあ。
  
しかし、フローネの家にお手伝いさんがいたのは完全に忘れてたなあ。弟の紹介で「3歳でやっと口が聞けるようになった」って言ってたのにも、ちょっと驚いてしまった。3歳で~って遅くない!?
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック