新ウルトラマン列伝「初代ウルトラマン降臨!ウルトラ作戦第一号」

 
記念すべき第一話。改めて見てもあっさりしてんな。
しかし、ハヤタとウルトラマンのやり取りとか、ハヤタの生死に対する仲間達の反応とか、基本的にさらりとし過ぎじゃないか? 謎の宇宙人であるウルトラマンも、めっちゃ自然に受け入れやがるし、アイツら。
て言うか、この時点でのハヤタの人格は、本人のそれなのか、ウルトラマンのそれなのか、もしくは二人の人格が融合した結果なのか、いったいどれなんだ。
最終回では、ウルトラマンと分離した後、一話の時点のハヤタの人格で帰ってきてたよね。つまりはそう言うコトか? それとも、記憶改変でも受けた結果か?
そう言や、初変身も馴れた感じだったよなあ……。

後は、湖でのベムラー戦とか良かったですね。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック